Newsお知らせ

2019/03/03

3/10(日)ヤマ芸オープニングイベント

鉱山と道の芸術祭のスタートを記念し、オープニングイベントを開催いたします!
日にち:3月10日
時間:12時半から17時半 ※途中参加可能
場所:但陽会館 本館(駐車場あり)
参加費:無料(レセプション有料) ※当日受付
定員:100名程度 ※先着順 


■「コンサート 巡礼の道 〜時を越えて〜」
12時30分から13時30分
演奏者名:小川美香子、三好美穂

小川美香子
打弦楽器をB. シュトルツェンブルグ氏、古楽パーカッションをスペインのベサルーにてM.モレナ氏に師事。
CD「メランコリア~ダルシマーの世界~」をリリース。
在ミラノ日本総領事館の後援を得て、天正遣欧少年使節団をテーマとした演奏会をクレモナ、タオルミーナ“ギリシャ円形劇場”で行う。
TV、映画、CAPCOM「モンスターハンタークロスⅡ」の録音の他、WOCMAT ( International Workshop on Computer Music and Audio Technology)に出演。日大芸術学部、東京芸術大学にて打楽器を学ぶ。古楽から現代曲まで幅広く活動する傍ら、全音楽譜出版社より各種楽譜の発刊に携わっている。
ラ・ガラッシア主宰。NPO法人ルネサンス音楽普及協会会員。


三好美穂
幼少の頃よりピアノ、エレクトーンを学ぶ。某音楽教室講師、プレーヤーとして活動。古楽に興味をもち、シターと出会い指導者養成コースを修了。フランス、ヴェズレー聖マドレーヌ大聖堂にて観光局主催コンサートで演奏、好評を博す。東京音楽大学民族音楽研究所講座研究科修了。現在、東京古典楽器センターシター科講師。

■アーティストリレートーク ~つなぐ~
13時30分から15時15分
本芸術祭に出展しているアーティストに登壇いただき、作品のコンセプトや制作時のエピソードを語っていただきます。また、各エリアマネージャーも同席していただき、作品制作のエピソードや地域の歴史や物語などの紹介も同時に行っていただきます。作品鑑賞を通じて地域への理解を深めるとともに、其々のまちの特性や共通点を理解し、今後どのようにそれらの特徴を活かしながら相互に共同し発展できるかの可能性を探ります。
アーティストから見た他者側の目線と、エリアマネージャーから見た地域側の目線を交差させることで、地域や歴史の多角的な捉え方を提示し、またそれらをリレートーク形式に地域と地域でつないでいくことで、それぞれの独自性や特徴・類似する点などを比較し相対化します。
参加していただく方には、作品及び地域への理解を深めていただくとともに、トークの最後には今後の地域での活動の可能性の提案やご意見を伺う機会とし、今後の活動の参考や発想源とさせていただきます。
登壇者:アーティスト×エリアマネージャー
銀の馬車道 ハヤシシゲミツ×小野康裕 
生野銀山 ワラビモチ愛好会フィリップ×和田幸司 
神子畑鉱山 わにぶちみき×松本智翔 
明延鉱山 中元俊介×森田光法
中瀬鉱山 宮北裕美×森田光法 
司会進行 小國・前畑
挨拶  北夙川

■レセプションパーティ
15時30分から17時30分
軽食を囲んだ地域・アーティスト・来訪者を交えた交流会
参加費:1000円(一般・関係者含む)
各地域のお酒、乾き物など軽食をご用意します

※内容が変更になる場合がありますので予めご了承ください。
※参加は途中でも可能となります。