Area地域紹介(鉱石の道)

明治維新後、日本初の官営鉱山となった生野鉱山、神子畑鉱山、明延鉱山、中瀬鉱山は、西洋の進んだ鉱山技術を導入するためフランス人技師を招聘し、近代化の模範鉱山の第1号として日本の近代化を牽引した。特に生野鉱山は、日本初の最新技術が数多く導入。機械式製錬技術や本格的な火薬による発破法の他、鉱業用送水路やダムの建設、トロッコ軌道(鉱山鉄道)の敷設、日本最初の鉱山学校の設立など、近代化日本の鉱山開発はまさに“ここ”から始まった。

■鉱石の道 http://koseki-michi.com

生野鉱山

image01
image01
image01
image01
image01
image01
image01
image01

大同2年(807年)に開坑したと伝えられる。織田信長・豊臣秀吉・徳川幕府の財政を支えた。明治元年には日本初の官営鉱山となり、外国人技師を雇い、近代鉱山の確立をめざした。皇室財産を経て、明治29年には三菱合資会社に払い下げられる。以後、三菱の経営で国内有数の大鉱山として稼働したが、昭和48年に閉山。坑道の総延長は350km以上、深さは880mに達した。現在、坑道の一部が観光施設として活用され見学が可能だ。

神子畑鉱山

image01
image01
image01
image01
image01
image01
image01
image01

平安時代に開坑したと伝えられる銀山であったが、産出量が不安定だった為、繁栄と衰退を繰り返す。明治11年(1878)には有望な銀の鉱脈が発見されたことから近代化が進められる。明治29年には三菱へ払い下げられるも、大正6年には枯渇閉山。その後、神子畑は明延鉱山から運び込まれた鉱石を選別する選鉱場として利用されることとなった。その規模は東洋一を誇った。しかし、明延鉱山の閉山に伴い、昭和62年に選鉱場も閉鎖となった。

明延鉱山

image01
image01
image01
image01
image01
image01
image01
image01

古くは奈良の大仏鋳造に明延の銅が使われたと伝承が残る。明治5年(1872)に生野鉱山の支山として官営となった。その後、三菱に払い下げられ、同42年に大規模な錫鉱脈が発見されると東洋一の錫鉱山に。採掘された鉱石は一円電車で神子畑選鉱場に運ばれた。最盛期となる昭和30年代には、明延地区の人口も4000人を超え、鉱山都市としての栄華を極めた。しかし、円高と金属価格の下落により、昭和62年に閉山となる。

中瀬鉱山

天正元年(1573)、鳥取からの旅人が八木川河畔で砂金を発見したことから、金山の歴史が始まる。豊臣秀吉の支配を経て、江戸時代には、生野奉行所の直轄鉱山となった。長らく休眠状態が続くが、明治には官営鉱山となる。三菱の経営を経て、昭和10年には日本精鉱の操業となり日本一大きな自然金が出る鉱山として有名となった。昭和44年に採掘を終えるも、現在も輸入した材料から国内生産の80%のアンチモン製品を製造している。