D-K Live in Ikuno 長谷川 章

デジタル掛け軸

展示場所

I-5 史跡生野銀山(旧金香瀬坑巻揚機室) 09:30-17:00(入館最終受付16:20)

作品情報

1947年石川県小松生まれ。
日本民間放送連盟TVCM部門最優秀賞を始めACC賞など数々の賞を受賞。NHK大河ドラマ「琉球の風」始めNHKニュース、中国中央電視台(CCTV)ロゴ、企業TVCMなど、数千本を制作。
1995年、日本人の持つ無常の精神からDK(デジタル掛け軸)を発明。以後、DKを通じて、魂の死滅しかけた現代社会へ、スピリットの在処[ありか]を問う。
国内の有数の名城をはじめ伊勢神宮宇治橋、ギリシア・アクロポリス、上海国際芸術祭、サンノゼゼロワンアートフェスティバルの殿堂入、翌年アメリカパブリックアート2007のベストアーチストに選ばれるなど、世界90に及ぶ場で、DK-デジタル掛け軸を献じる。2003年、ARTIS誌(アムステルダム)に特集として紹介され、単体としてのアートを超えたサイエンスアート「量子芸術」と名づけられた2007年、アメリカパブリックアート2007のベストアーティストに選出され、同年、日本の高校の教科書「情報C」に紹介される。2010年のノーベル賞ナイトカップ晩餐会にサプライズアートとして招聘された。