Project中瀬アートディスカバリー

 

鉱山まちに隠れたマトリョーシカを探す旅に出かけよう!

 

 

兵庫県北部の中瀬のまちなかの各所に、アート作品を一定期間展示するイベントです。
また、付随して作品鑑賞とまちの歴史紹介を兼ねたツアープログラムも実施しますので、
是非ともご参加お待ちしております。

 

 

 

 

■展示アーティスト 鈴木マヤ子
1985 年 香川県出身
2010 年 神戸大学大学院人間表現専攻コミュニティアートコース 修了。現在 大阪市在住。
学生時代より作家活動を始める。絵画・立体・版画・文芸など、表現方法は多岐に渡る。国内外問わず作品を発表。

 

 

■作品展示
<期間>
3月20日(金曜)〜3月29日(日曜)

<時間>
9:00〜17:00

<場所>
・三柱神社(舞台) 巨大平面作品+立体オブジェ
・まちなか各所 マトリョーシカを探せ!まちなかの各所に大小20体のマトリョーシカが隠れています。
仲良く並んでいるものいれば、一人でポツンと隠れているものも。まち歩きしながら探してください。
ヒント① ページ下層のGoogleマップをご参照ください
ヒント② 名前に金や宝が付くお寺3カ所、鉱石を運んでいた車両、金山会の会長宅の前庭にある鉱山所縁のアイテム
ヒント③ 鉱山と道の芸術祭ののぼりが目印!
・中瀬金山関所広場交流館

※マトリョーシカは並んでいるものや、個別にいるものも含め20体となっています
※三柱神社の作品はマトリョーシカとしてカウントいたしません
※交流館の中の作品は3 月29 日のみ鑑賞可能です。

 

 

■中瀬ディスカバリーツアー
内容:中瀬金山会ガイドとともに、鉱山町に隠された産業遺構とアート作品を探す旅に出かけよう!
実施日:3 月29 日(日) 14:00 ~ 16:00
集合時間:13:45
集合場所:中瀬金山関所広場交流館 〒667-1116 兵庫県養父市中瀬896−10
定員:15 名(先着順)
参加方法:代表者名・参加人数・当日連絡先を記入の上、jheri.info@gmail.comにご連絡ください
※作品鑑賞ツアー参加者に「とーてむバッジ」プレゼント

 

 

■駐車場
中瀬金山関所広場交流館
〒667-1116 兵庫県養父市中瀬896−10

 

 

■中瀬金山

天正元年、八木川河畔で砂金を発見したことから、金山の歴史が始まる。豊臣秀吉の支配を経て、江戸時代には、生野奉行所の直轄となった。長らく休眠状態が続くが、明治には官営鉱山となる。昭和10年には日本精鉱の操業となり日本一大きな自然金が出る鉱山として有名に。昭和44年に採掘を終えるも、現在も輸入した材料から国内生産の80%のアンチモン製品を製造している。

 

 

 

 

 

【問い合わせ】
TEL/ 078-599-5337(NPO 法人J-heritage)
MAIL/jheri.info@gmail.com

 

 

主催:NPO 法人J-heritage
協力:中瀬金山会、NPO 法人芸法
共催:鉱山と道の芸術祭

※「鉱山と道の芸術祭」は、日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」
エリアで開催される、現代アートイベントのネットワークプロジェクトです。